版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
江戸の夢びらき 松井 今朝子(著/文) - 文藝春秋
..

江戸の夢びらき

発行:文藝春秋
四六判
360ページ
定価 1,900円+税
ISBN
9784163911960
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年2月29日
最終更新日
2020年4月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-04 日本経済新聞  朝刊
評者: 末國善己(文芸評論家)
2020-05-23 朝日新聞  朝刊
評者: 大矢博子(書評家)

紹介

【不世出の天才・初代市川團十郎、空前の一代記】
なぜ江戸の民衆は團十郎に熱狂したのか。
團十郎が命をかけた〈荒事〉とは何か。
そして、なぜ舞台上で命を落としたのか。
元禄時代から現在まで常に歌舞伎界に君臨し続けた
大名跡・市川團十郎、そのはじまりの物語。

●あらすじ
寛文7年(1667)、浪人の娘・恵以はひとりの少年と出会う。
子どもながらに柄の悪い侠客たちに囲まれ、
芝居に出れば大暴れして舞台を滅茶苦茶にする破天荒さに呆れながらも、
恵以は自然と人の注目を集める彼の素質に気づく。
少年の名は海老蔵。
長じて市川團十郎を名乗り、〈荒事〉の追求の果てに
江戸の民衆から信仰にも近い人気を集め、
劇作家としても今なお愛される名演目や斬新な演出を
次々と生み出した不世出の天才。
彼が命をかけた〈荒事〉とは何だったのか、
そして、なぜ舞台上で命を落とすこととなったのか。
謎多き初代市川團十郎の波乱万丈の生涯を、
元禄の狂乱と江戸歌舞伎の胎動とともに描く
空前の一代記がここに誕生!

上記内容は本書刊行時のものです。