版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
QUEEN in 3-D ブライアン・メイ(著/文) - NHK出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1
 

QUEEN in 3-D クイーン フォト・バイオグラフィ

発行:NHK出版
縦318mm 横241mm 厚さ30mm
264ページ
定価 5,400円+税
ISBN
9784140093603
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年10月29日
最終更新日
2019年10月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【完全限定生産】ブライアン・メイが描く、クイーン史上初の自叙伝!

本書は伝説のロックバンド・クイーンのギタリストであるブライアン・メイが、
主に70年代から撮り続けた約300点の立体写真とともに自ら書き下した、
クイーン史上初の自叙伝です。
★日本版限定 特製オリジナル・ブックケース入り

本書で明らかになるのは、これまで語られることのなかった波乱万丈のバンド・ヒストリー。
借金の多かった結成後の苦しくも楽しい時代の話から、『オペラ座の夜』制作秘話、
自分たちを「スター」にした日本という国のこと、
「RADIO GA GA」「永遠の誓い」などのミュージック・ビデオの舞台裏。
アメリカ、ヨーロッパ、南米、日本など数々のツアーでの出来事、
そしてフレディ・マーキュリーと過ごした最後の時間のことまで……。
ときに衝撃的な内容までをも含んだ知られざるエピソードの数々が、
ファンに語りかけるような文体で綴られます。

特筆すべきは、とりわけ彼らにとって日本が特別な場所であるということ。
本書では4つのパートで日本での思い出が綴られ、「日本版への序文」も特別に掲載されています。
264ページという大ボリュームの紙幅に掲載された写真の95%は初公開で、
付属の3Dメガネによって、写真を“立体的に”見られる仕様となっています。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」との違いを比較しながら楽しむこともできる、
まさに半世紀にわたるバンドの輝ける歴史が肌で感じられる内容です。

今回発売する日本版は、ブライアン・メイ氏の特別な許諾を得て
「日本版限定特製オリジナル・ブックケース」に入れてお届けします。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」大ヒットから続く日本のクイーン熱が冷めやらぬなか、
記念すべきクイーン10回目の来日公演に合わせて刊行される栄光のバンド・ストーリーを、ぜひお楽しみください。


【購入者特典】
書籍購入者の中から抽選で、以下の購入者特典をプレゼントいたします。
ご応募は商品に付属するはがきにて、受付いたします。
  A賞:ブライアン・メイ氏直筆サイン入りギターレプリカ「RED SPECIAL(レッド・スペシャル)」(1名様)
  B賞:ブライアン・メイ氏直筆サイン色紙(5名様)
  C賞:オリジナル・クリアファイル(1,000名様)

目次

日本版への序文
この本の使い方
すべての始まり
この本の立体写真はどうやって撮影されたのか?

1973年/ファースト・アルバム
1975年/全米ツアー、リベンジ!
     アメリカでの爆発的ヒット
     雑録
     日本!
    リッジファーム――『オペラ座の夜』の制作
1976年/華麗なるレース
     魚眼レンズで見る日本ツアー
     ハワイでの休暇
     本国イギリスにて
1977年/マディソン・スクエア・ガーデン
     再びツアーへ
     ヨーロッパのポートレート
     初の“ブリタニア・アワード”
     北米を躍進
1978年/さらなるツアーとスナップ写真
     アメリカ『ジャズ』ツアー
1979年/さらなるヨーロッパ・ツアー
     ぼくらは日本人になりつつあると思う
     新天地での新たな冒険
1980年/ガーデンでちょいとひと仕事(いや、3仕事)
     フラッシュ・ゴードン
1981年/オール・ニッポン!
南米ツアー ―― 一か八かの決断
1982年/『ホット・スペース』
1983年/『RADIO GA GA(レディオ・ガガ)』
1984年/「永遠の誓い」
     『ザ・ワークス』
1986年/最後のツアー
     ウェンブリー・スタジアム
2002年/ウィ・ウィル・ロック・ユー
2005年/オール・ライト・ナウ――クイーン+ポール・ロジャース
2012年/マダム・ランバート登場
2017年/現在と未来
2018年/映画『ボヘミアン・ラプソディ』制作秘話

著者プロフィール

ブライアン・メイ  (ブライアンメイ)  (著/文

1947年イギリス生まれ。ロックバンド・クイーンのギタリストとして活動。自作のギター「レッド・スペシャル」とピック代わりに6セント硬貨で独自の音色を奏でるギタリストとして世界的に認められている。バンド内では彼らの代表曲である『ウィ・ウィル・ロック・ユー』『タイ・ユア・マザー・タウン』『トゥ・マッチ・ラブ・ウィル・キル・ユー』『手をとりあって』など多数の楽曲を作詞・作曲。大学院では宇宙工学を専攻し、天文学者としても有名。

富永 晶子  (トミナガ アキコ)  (翻訳

翻訳家。獨協大学外国語学部英語学科卒業。訳書に『スター・ウォーズ ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』(辰巳出版)、『BOHEMIAN RHAPSODY:THE INSIDE STORY――ボヘミアン・ラプソディ オフィシャル・ブック』『クイーン オフィシャル・ヒストリー・ブック』『「ロケットマン」オフィシャル・ブック』(以上、竹書房)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。