版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国の世界遺産を旅する 湯浅 邦弘(著/文) - 中央公論新社
..
中公新書ラクレ

中国の世界遺産を旅する 響き合う歴史と文化

新書判
256ページ
定価 880円+税
ISBN
9784121506238
Cコード
C1222
教養 新書 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-07-08 読売新聞  朝刊
評者: 青木千恵(書評家)
2018-06-02 日本経済新聞  朝刊

紹介

悠久の歴史を誇る中国には、その文化や思想の精華である世界遺産が数多く存在する。本書ではそのうち七件を精選、歴史的背景をふまえながら、それぞれの史跡をたどってみたい。
兵馬俑の真の凄さとは何か。殷墟から出た甲骨は何を語るのか。敦煌文書で明らかになった古代の思想とは。歴史を書き換えた新発見も数多い、世界遺産をめぐる旅にでかけよう。

はじめに
第一章 殷墟――漢字と思想の源流  
第二章 孔子廟――儒教と孔子のふるさと  
第三章 兵馬俑と始皇帝陵――始皇帝の野望  
第四章 万里の長城――国防意識の体現
第五章 泰山――聖なる山 
第六章 敦煌――シルクロードの夢
第七章 明の十三陵――発見された地下宮殿
おわりに

著者プロフィール

湯浅 邦弘  (ユアサクニヒロ)  (著/文

1957年島根県生まれ。大阪大学教授。大阪大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。北海道教育大学講師、島根大学助教授、大阪大学助教授を経て、現職。著書に『諸子百家』『菜根譚』『論語』(すべて中公新書)、『入門 老荘思想』『軍国日本と「孫子」』(ともにちくま新書)、『貞観政要』『孫子の兵法』(ともに角川ソフィア文庫)、『概説中国思想史』『名言で読み解く中国の思想家』『テーマで読み解く中国の文化』(すべて編著、ミネルヴァ書房)など。

上記内容は本書刊行時のものです。