版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ハンナ・アーレント 矢野 久美子(著) - 中央公論新社
...
中公新書

ハンナ・アーレント 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者

縦18mm
239ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-12-102257-8
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2014年3月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-21 東京新聞/中日新聞  朝刊
2014-12-28 産經新聞
評者: 笈入建志(千駄木 往来堂書店店長)
2014-12-21 読売新聞
評者: 上野誠(万葉学者、奈良大学教授)
2014-06-01 朝日新聞
評者: 杉田敦(法政大学教授、政治学者)
2014-05-18 東京新聞/中日新聞
評者: 細見和之(大阪府立大学教授)
2014-05-11 日本経済新聞
評者: 池田浩士(ドイツ文学者)
2014-05-04 読売新聞
評者: 宇野重規(政治学者、東京大学教授)

紹介

『全体主義の起原』『人間の条件』などで知られる政治哲学者ハンナ・アーレント(1906‐75)。未曽有の破局の世紀を生き抜いた彼女は、全体主義と対決し、「悪の陳腐さ」を問い、公共性を求めつづけた。ユダヤ人としての出自、ハイデガーとの出会いとヤスパースによる薫陶、ナチ台頭後の亡命生活、アイヒマン論争-。幾多のドラマに彩られた生涯と、強靱でラディカルな思考の軌跡を、繊細な筆致によって克明に描き出す。

目次

第1章 哲学と詩への目覚め-一九〇六‐三三年(子供時代
マールブルクとハイデルベルクでの学生生活 ほか)
第2章 亡命の時代-一九三三‐四一年(パリ
収容所体験とベンヤミンとの別れ)
第3章 ニューヨークのユダヤ人難民-一九四一‐五一年(難民として
人類にたいする犯罪 ほか)
第4章 一九五〇年代の日々(ヨーロッパ再訪
アメリカでの友人たち ほか)
第5章 世界への義務(アメリカ社会
レッシングをとおして ほか)
第6章 思考と政治(「論争」以後
暗い時代 ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。