版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
黒澤明の羅生門 ポール・アンドラ(著/文) - 新潮社
..

黒澤明の羅生門 フィルムに籠めた告白と鎮魂

発行:新潮社
四六変型判
縦191mm 横132mm 厚さ23mm
重さ 384g
304ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784105071110
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年5月30日
書店発売日
登録日
2019年4月13日
最終更新日
2019年5月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-20 朝日新聞  朝刊
評者: 横尾忠則(美術家)
2019-07-06 日本経済新聞  朝刊
評者: 佐藤忠男(映画評論家)

紹介

監督の実体験を不朽の名作に昇華させた過程を読み解く世界初の試み。ヴェネツィアとアカデミー賞を制し、「世界のクロサワ」を決定付けた屈指の名作『羅生門』。事件の真相が闇に葬られ、人のエゴが浮き彫りにされるといった普遍的なテーマを描きながら、ストーリーと細部には監督が目のあたりにした震災と兄の死など個人史と鎮魂のメッセージが刻まれていた。「日本でなく、外国で書かれたことに嫉妬を覚える」と研究者に言わしめた決定版映画論。

上記内容は本書刊行時のものです。