版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「物理学」×「クラブの構造」で解き明かす ゴルフスイングの新事実 小澤 康祐(著/文) - KADOKAWA
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

「物理学」×「クラブの構造」で解き明かす ゴルフスイングの新事実

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
128ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-04-605140-0   COPY
ISBN 13
9784046051400   COPY
ISBN 10h
4-04-605140-X   COPY
ISBN 10
404605140X   COPY
出版者記号
04   COPY
 
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月26日
書店発売日
登録日
2021年1月9日
最終更新日
2021年2月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『運動学』×『物理学』の視点で、ゴルフスイング改善の研究を行っている小澤康祐氏による最新のスイング理論をまとめた一冊。
ゴルフはクラブを使うスポーツ。クラブの構造を知らないと上達への道は開かれない。
ゴルフクラブという道具の「使い方」である「スイングという運動」がどうあるべきかを理解し、体現するためにゴルフクラブの取扱い方を徹底分析。
【PART1】では道具の構造を解説。まずは形状の理由や意味を理解することから始めてみよう。
【PART2】では、打球の方向や飛距離を決めるインパクトを解説。
【PART3】では、クラブをどう操作して、求めるインパクトを作るかについての濃密に説明。
【PART4】でクリアすべき条件を満たす具体的な体の使い方を公開。
【PART5】ではアメリカPGA ツアーの選手たちが、体の個性や感覚に合ったスイングをどう完成させているかの例を挙げて分析。
ゴルフクラブは進化している。だからこそ、クラブと体の使い方も進化させるべき!
あなたはクラブが味方になっていますか?それとも敵になっていますか?
最新のスイングは、インパクトまでに『フェースを返さない』『テコを使わない』『グリップを引っ張り続ける』
それが圧倒的な飛距離を生み出す!

目次

【PART1】 ゴルフクラブの真実
ゴルフクラブには面がある!/ゴルフクラブの面は「上」を向いている/
ゴルフクラブの先端は折れ曲がっている/シャフトの加速・減速でフェースは開閉してしまう!/
遠心力がフェースを閉じロフトを大きくしてくれる/ゴルフクラブにはライ角がある/
ゴルフクラブには芯がある!/打点が芯からぶれるとボールは曲がる など
【PART2】 インパクトの物理学
振り方を考えるためにインパクトの事実を学ぼう/ボールが打ち出されるのはフェースの方向である/
スイング軌道とクラブパスは似ているようで違う/曲がり方を決めるのはパスに対する面の向き など
【PART3】 ゴルフクラブの動かし方
テコの力を使って動かすとクラブの機能が敵になる/上体の浮き上がりもテコの動きが原因/
/グリップエンドを引っ張り続ける/クラブ操作の基本は円錐振り子だ!/
円錐振り子も縦にすると敵になる/正しいクラブ操作は野球から学べ!/
「野球のスイングではスライスする」は誤解/直立したスイングから前傾したスイングへ変換 など
【PART4】 スイングでの体の使い方
腕とクラブに角度をつけてフェースを開閉する/フェースを閉じたままシャフトを寝かす
トップのフェースの向きからグリップの握り方を考える/「手首の返し」はクラブに任せる など
【PART5】 PGAプロのスイングから学ぶ
ダスティン・ジョンソン/キャメロン・チャンプ/ジョン・ラーム/
マシュー・ウルフ/ジム・フューリック

著者プロフィール

小澤 康祐  (オザワ コウスケ)  (著/文

1987年10月9日、長野県生まれ。上智大学理工学部にて物理学を専攻。株式会社オフザウォール代表取締役。スポーツトレーナー。運動学、物理学などの視点でゴルフスイングを独自に研究。ティーチングプロの講習、ツアープロへの動作アドバイス、高校・大学野球部のトレーナーなども務める。YouTubeチャンネル「小澤康祐 / ゴルフスイング物理学」をはじめSNS、WEB講座などで科学に基づくスイング理論を発信している。

上記内容は本書刊行時のものです。