版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ずっと見つめていた 森島いずみ(著/文) - 偕成社
..

ずっと見つめていた

発行:偕成社
四六判
縦200mm 横140mm
160ページ
定価 1,300円+税
ISBN
9784037273200
Cコード
C8093
児童 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年11月27日
最終更新日
2019年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

小学6年生、越の一家は、妹つぐみの化学物質過敏症が治らないため、埼玉県から富士山の見える山梨県に引っ越す。都会から南アルプスのふもとへと大きく環境が変わった越は、複雑な思いで地元の中学校に通う。母親は、地元の食材を使った自然食の食堂をオープンさせるが、この地域の有力者からいやがらせにあい、お店もなかなか軌道に乗らない。埼玉時代の親友、直登から夏期講習にさそわれた越は、同じ中学に通う結衣と塾のセミナーに参加するも、つぐみがマムシにかまれたという緊急の連絡が入り、急きょ家にもどる。著者の実体験をもとに書かれたある一家の再生の物語。

著者プロフィール

森島いずみ  (モリシマイズミ)  (著/文

著者 森島いずみ
秋田県に生まれる。立命館大学文学部卒業。
通訳業のかたわら児童文学を書きはじめ、
「ニイハオ! ミンミン」で第15回小川未明文学賞優秀賞、
『パンプキン・ロード』で第20回小川未明文学賞大賞受賞。
原発事故があった福島県から、山梨県に移住し、現在に至る。

しらこ  (シラコ)  (イラスト

画家 しらこ
1996年 岐阜県に生まれる。
大学で建築とデザインの勉強をした後、海外の技法書を読んで風景画を学ぶ。
現在は児童書の装画を中心に活動中。装画作品に『八月のひかり』 、
『ぼくらのセイキマツ』、『かがやけ!虹の架け橋』、『響野怪談』 などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。