版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「勤労青年」の教養文化史 福間 良明(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
岩波新書

「勤労青年」の教養文化史

発行:岩波書店
新書判
302ページ
定価 900円+税
ISBN
9784004318323
Cコード
C0236
一般 新書 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月17日
書店発売日
登録日
2020年3月10日
最終更新日
2020年7月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-04 朝日新聞  朝刊
評者: 生井英考(立教大学アメリカ研究所所員)
2020-06-20 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 佐藤卓己(京都大学教授)
2020-06-06 日本経済新聞  朝刊
評者: 大澤聡(メディア史研究者)

紹介

かつて多くの若者たちが「知的なもの」への憧れを抱いた。大学はおろか高校にも進めなかった勤労青年たちが「読書や勉学を通じて真実を模索し、人格を磨かなければならない」と考えていた。そんな価値観が、なぜ広く共有されえたのか。いつ、なぜ消失したのか。地域差やメディアも視野に入れ、複雑な力学を解明する。

目次

プロローグ 「格差と教養」の時代

第1章 敗戦と農村の教養共同体――青年団と読書の希求
1 敗戦と青年団
2 農村教養文化の困難
3 農村社会の閉塞と人口流出

第2章 上京と「知的なもの」への憧憬――集団就職と定時制
1 上京への憧れと幻滅
2 「進学の代替」としての大企業
3 定時制が生み出す「冷却」

第3章 人生雑誌の成立と変容――転覆戦略のメディア
1 大衆教養メディアと転覆戦略
2 教養雑誌の衰退と見えなくなる格差
3 断片化する教養

エピローグ 格差と教養の乖離

あとがき
参考文献
図表出典一覧

上記内容は本書刊行時のものです。