版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
芝居とその周辺 井上 ひさし(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
井上ひさし 発掘エッセイ・セレクション

芝居とその周辺

発行:岩波書店
四六判
縦188mm 横129mm 厚さ20mm
重さ 340g
208ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784000281492
Cコード
C0395
一般 全集・双書 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年5月14日
書店発売日
登録日
2020年4月10日
最終更新日
2020年5月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-04 朝日新聞  朝刊
2020-05-23 日本経済新聞  朝刊

紹介

井上ひさしが遺した戯曲は数多く、没後十年を経ても愛され、上演され続けています。本書は芝居をテーマに、若き日の雑誌への投稿、同時代を生きる演劇人との交友、自作をめぐるエッセイなどを収録。レッスンシリーズからは、シェイクスピア、チェーホフをどう読むか、喜劇とは何かを考える、独自の演劇観が浮かび上がります。

目次

私のチャップリン観 東京・井上 廈


1 自作の周辺
庭先の真理
勇気をお送りください [司馬遼太郎への手紙]
それは運命ではない [『林京子全集第三巻』解説]
より鮮明になる記憶 [石内都著『ひろしま』解説]
子規はグラヴを手にはめていたか。
二人の漱石
子どもを玩具にすべからず。
兄弟対決になにが必要か。
お話上手な俗天使――太宰治が読みやすく おもしろい理由
劇場に燃える火
吉野作造と鞍馬天狗
道元とその時代
源内焼のおじさん
開幕を待ちながら
作家 井上ひさしの手紙


2 レッスンシリーズとその補講
黄金の大規則 [日本劇作家協会発足あいさつ]
劇作家、おすすめ戯曲
アンケート 三島由紀夫と私
井上ひさしの シェイクスピア・レッスン
2001年のシェイクスピアと漱石
チェーホフ・レッスン
ドストエフスキーからチェーホフへ
コメディー・レッスン
てんぷくトリオのコント


3 芝居の交友録
枠、あるいは制約について [特集:飯沢 匡]
解 説 [河竹登志夫著『作者の家』]
解 説 [皆川博子著『旅芝居殺人事件』]
著者の修辞技法は修辞なき文を癒す――別役実『当世病気道楽』[書評]
たけしさんへの手紙 [ビートたけし著『浅草キッド』解説]
大笹吉雄『現代演劇の森』[書評]
千田先生の巨きさ [追悼]
千金万巻より重い一冊――大平和登著『ブロードウェイの魅力』[書評]
締切前後の編集長 [追悼 石和 鷹]
定説破りの快作――渡辺保『黙阿弥の明治維新』[書評]


4 絶筆ノート
舞台は一人で作れない――第十七回読売演劇大賞 芸術栄誉賞 井上ひさし
井上ひさし「絶筆ノート」


あとがき……………井上ユリ



編集協力=井上恒
資料提供=遅筆堂文庫

上記内容は本書刊行時のものです。