版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
電源防衛戦争 田中 聡(著/文) - 亜紀書房
.

電源防衛戦争

発行:亜紀書房
四六判
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-7505-1617-2
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年9月5日
最終更新日
2019年10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-01-19 毎日新聞  朝刊

紹介

電気をつくる、電気を売る――そこには必ず紛争と抗争が勃発する。
自ら作った発電所を戦前の国策会社に吸収され、戦後取り戻そうと戦い続けた加藤金次郎。
官僚による電力の統制に抵抗し続けた「電力の鬼」松永安左ェ門。
発電所の労働組合と共産党の弱体化のために攪乱工作した右翼活動家・田中清玄。
原子力発電を特急で日本に導入しようとした正力松太郎と中曽根康弘。
利権を食い合う議員と有力者たちと占領軍の思惑……そして原発への途。
戦後の電気業界再編の内幕をスキャンダラスな事件をもとに描く骨太のノンフィクション。

【もくじ】
序 敗戦の夜 
一 日発総裁、殺人未遂で訴えられる
二 スキャンダラスな風景― 電力事業再編成の攻防 
三 受難に立つ加藤金次郎 
四 電力飢饉と電源開発 
五 次男坊と原子力 
六 停電と機関銃― 電源防衛戦 PART1  
七 電源防衛隊、二つの活動― 電源防衛戦 PART2  
八 民主と修養― 電源防衛戦 PART3
九 原子力特急・正力松太郎 
十 最終戦争の時代と原子力 
  あとがき 

著者プロフィール

田中 聡  (タナカ サトシ)  (著/文

1962年富山県生まれ。富山大学人文学部卒業。同大学文学専攻科修了。膨大な資料をもとに、思わぬ角度から歴史に埋もれた事象を掘り起こすノンフィクションを数多く著している。著書に、『陰謀論の正体! 』(幻冬舎新書)、『明治維新の「嘘」を見破るブックガイド』(河出書房新社)、『電気は誰のものか』(晶文社)など多数がある。

上記内容は本書刊行時のものです。