版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本の品格 鈴木 邦男(著) - 柏艪舎
.

日本の品格

発行:柏艪舎
B6変型判
194ページ
並製
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-434-13952-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年11月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2010-01-31 産經新聞

紹介

「君の言うことには反対だが、君がそれを言う権利は命をかけて守る」―40年の思想運動歴を持つ鈴木邦男が、左右の対立軸を超えて愛する国日本、そして日本人に語りかける対話の書。世代を超えて訴えかける全編話し言葉の文体、これまでの右翼像が根底からくつがえされる一冊!

目次

第1章 世界の中の日本
君の言うことには反対だが、君がそれを言う権利は命をかけて守る
すべての争いの因は愛
外から見る目
右翼 左翼 そして宗教
純粋培養された愛国心の怖さ
犯罪と金と愛
自分を客観視する
茶化し茶化されることの効用
閉鎖性に決別を
毒をもって毒を制す……?

第2章 日本の中の世界
民主主義の限界
心の中の愛国
失敗から学ぶこと
左右対立を越えた愛国運動は可能か
美しい右翼の姿
覚悟について
愛国心と国境紛争
自衛隊と国連軍

第3章 あるべき愛国心の形
鈴木邦男が伝えたいこと

第4章 日本の品格
国家よりも個人の問題
日本人の品格
『靖国』に思う
天皇と日本人
寛容さ―日本が世界に誇りうるもの
本物の勇気とは
日本人とは―

あとがき

補遺

著者プロフィール

鈴木 邦男  (スズキ クニオ)  (

1943年福島県生まれ。1967年早稲田大学政経学部卒業。1970年早稲田大学大学院を中退し、産経新聞社に入社。1973年産経新聞社を退社し、新右翼・民族派団体「一水会」を創設、会長に就任。1999年より同会最高顧問。現在は新聞・テレビをはじめ多彩な言論活動を行う。
主な著書に『愛国と米国―日本人はアメリカを愛せるのか』(平凡社新書)、『愛国の昭和』(講談社)、『公安警察の手口』(ちくま新書)、『愛国者は信用できるか』(講談社現代文庫)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。